きたふくプロジェクトについて

「好きなこと、得意なことで、よろこびを」
ともだちからつながる専門家の”輪”

わたしたちが目指すものは、場所や距離に関係なく

好きなことを仕事にできる「文化」を作ること。

ひとりひとりの「好き」が誰かの「よろこび」になる一歩にしたいと思います。

ともだちから繋がる小さなコミュニティを広げ、大きなコミュニティへ。

北海道と福岡の2人が作る、ともだちから繋がる新しい専門家の輪

「副業解禁」「働き方改革」「好きを仕事に」

いきなりそんな自由な生き方が主張され始めた最近だけど

”好きなこと”を仕事にするのは難しいと言われて育った私たち

「実績も経験もないから」「失敗は怖いから」
「他にもっとすごい人がいるから」
「私はそんなに特別ではないから」

たくさんの「から」を抱えて、いろんな気持ちを置いてきました。

けれど

自由な生き方や働き方はこれからつくっていこう。

まずは、できることから始めていこう。

そんなキッカケをつくるコミュニティです。

友達同士でつながって、まずは”チャレンジ”をしてみる

きたふくプロジェクトは、友達同士が繋がって生まれる場作りを定期的に行っています。

一緒に集まって黙々と作業をしたり、何かみんなと話したり、相談したり
集まった場所では自由に過ごします。

そんな会話から生まれた「やってみたい」を、今度はアクションに。

一人だとちょっと勇気がいるチャレンジも、友達と一緒だと不思議とできることもあります。


元プロ野球選手の講演

書道教室2
筆ペンを使った日常で使える習字教室

笑顔の堀くん
”やってみたい”からチャレンジしたバーデンダー


みんなのやりたいことを集めた1日カフェイベントを季節ごとに開催

そんなかたちで、友達同士で集まって自分たちの「やってみよう」を小さなアクションに変えて

ちいさな仕事の実績を作っていく、という目的の活動を続けています。

ワークショップ参加者

自分の住みたい場所で好きなことをするには?といった問いの答えを深めるワークショップも開催しています。

好きなこと、得意なことで、よろこびを

自分の好きなことで、誰かがよろこんでくれること

それは自分のよろこびにも繋がる。

それこそが「仕事」の根源と私たちは考えます。

友達同士の関係で

誰が上手だとか下手だとか

すごい人だとかそんなことはどうでもよくて。

その「仕事」は「あなた」だから頼みたい。

それぞれの「好き」に優劣なんかないし、そこはいつだって平等でありたい。

そう思って活動をしています。

きたふくを通じて、地域と人を知ってほしい

きたふくプロジェクトの活動や繋がりを通して
今まで知らなかった地域や人のことを
もっともっと知ってもらいたい。

そんな架け橋のような存在を目指しています。

小さな実績が大きな活動へ。

そうして一歩一歩、一緒に踏み出すキッカケを私たちと作りませんか?

これまでの活動実績は、メニューの「実績」をご覧ください。